日本共産党新座市議会議員団
トップ
写真館
市議会報告
議員団紹介
政策・実績
にいざ民報
イベント情報
リンク集
政策・実績
【 新座市政と日本共産党市議団 2016 】
市民アンケート集計結果報告(1)
 日本共産党新座市議団は昨年10月下旬から年末まで、「市民アンケート」に取り組みました。アンケート用紙に返信用封筒を付けて市内のほぼ全住宅に配布し、回答を受取人払いで受け取る方法です。現在まで810通の回答を受け取りました。結果の概要を報告いたします。
「生活苦しい」が63%高齢者の生活悪化すすむ
 問1では「暮らし向き」について尋ねました。下図に見るように、「やや悪くなった」と「大変悪くなった」を合計すると63・3%になります。年代別にみると、下表のように60代では7割に及ぶ人が生活の悪化を訴えています。
問1、あなたの暮らし向きは最近いかがですか?
表1、年代別回答
新座市の住みやすさ 実感さまざま
 問3では「新座市は住みやすいですか?」と質問しました。下図の「全体」からは、「住みやすい」と「まあまあ住みやすい」の合計が55・5%ある反面、「住みにくい」、「どちらともいえない」の合計が43%に及ぶことがわかります。新座市に住み始めたと思われる1年未満の人は「住みにくい」という人が50%を占めています。「住みやすい」理由は「都会と田舎が混在」「都内への通勤の便」など、「住みにくい」理由は「市内の交通が不便」「障がい者のための施設が整っていない」などの答えがありました。
問3、新座市は住みやすいですか?
「国保税・介護保険料などの引き下げ」要望が67・4%
 問4は「新座市政に力を入れてもらいたいこと(3つ選んでください)」をたずねました。「国保税・介護保険料」が圧倒的な数字となりました。昨年の同じ設問での回答は56・3%でしたから、切実さを増していることがわかります。
 いま日本共産党新座市委員会では国保税と介護保険料の引き下げ等を求める署名活動を行っています。アンケートにお寄せいただいた市民のみなさんの願いにこたえるために全力で取り組んでいく所存です。
問4、新座市政に特に力を入れてもらいたいことは何ですか?(3つ選んでください)
「大型公共事業」よりも市民サービスの向上を
 問5では、新座市が企画していた「高校生の通院医療費無料化の廃止」、「障がい者の医療費補助の削減」、「保育料・都市計画税の引き上げ」をはじめとする市民サービス切り下げについて質問しました。「知らなかった。市長によく説明してほしい」38・3%、「医療の補助金などは削らないでほしい」42・6%と、多数の人々の反対の声が寄せられました。
 日本共産党新座市委員会は市の「情報公開制度」を使って数十項目にも及ぶ値上げ・切り下げ計画の資料を入手し、計画を市民に知らせ、市長に撤回を求めました。
問5、新座市は「財政がきびしい」として来年度から高校生の通院費無料化廃止や障がい者の医療費補助の削減、保育料・都市計国税の引き上げを検討しています。どうお考えですか?
 問6は大和田2丁目・3丁目の区画整理や地下鉄12号線の延伸など大型公共事業を進めるのか、それとも福祉・教育の充実を図るべきかをたすねました。
 回答をみると、「進めてほしい」が25%、「福祉・教育などの方を大切にしてほしい」が52%でした。市民の声を反映させるよう要求していきます。
問6、新座市は大和田2、3丁目の土地区画整理事業、地下鉄12号線延伸などの大型事業をすすめ、「税収の伸びる街づくり」を進めるとしていますが、あなたはご存知ですか。また、どうお考えですか?
→ 市民アンケート集計結果報告(2)
政策・実績 トップに戻る